2019年6月25日(火)

円、次の照準は「浜田参与ライン」 まずは95円

2013/1/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自民党の石破茂幹事長が望ましい水準とした1ドル=85~90円の「石破レンジ」を下抜け、2年7カ月ぶりに90円台に下落した円相場。野田佳彦前首相が衆院解散を表明した昨年11月中旬から続いた円高修正の流れはひとつの節目を抜けたが、外国為替市場は満足することなく、18日の東京市場でも円は下値を探った。午後に政府関係者から一段の円高修正を容認する発言が出ると、飛びつくように円売り・ドル買いが広がった。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報