/

筒井日生社長「株式の長期保有、貴重な運用手段」(金融力シンポ)

日本生命保険の筒井義信社長は18日午後、「ニッポン金融力会議」のプロジェクトである第2回トップ・シンポジウム「よみがえれ東京市場~活かせ個人金融資産」(主催・日本経済新聞社)で講演した。生保の役割として(1)生命保険商品などの提供を通じて国民生活に安心を提供する「資金吸収」(2)資産運用を通じて日本企業の成長の役に立つことで経済成長に貢献する「資金供給」――を挙げた。

発言する日本生命の筒井義信社長(18日午後、東京・大手町)

資金吸収の面では、高齢化や女性の社会進出など「ライフスタイルの変化に応じたきめ細かい商品の提供が重要」とし「国内の保険は縮小一辺倒ではなく、努力することは山ほどある」と強調した。

資金供給の面では、株式の長期保有は安定した配当収入が得られ、終身保険や年金などの長期負債に対応する「貴重な運用手段だ」と指摘した。

一方で、保険業態を巡る国際的な財務健全性規制や自社格付けへの配慮などによって、リスク資産である株式は「長期保有がしづらくなっている」とも指摘。「保険商品の提供に影響がでないか、資本市場の安定的な発展に貢献できなくなるのではないか」との懸念を示し、規制のあり方や導入の仕方について「国内外と連携して積極的に提案していく」と述べた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン