/

経財相、経団連と会談 法人税「実額減税になるよう要望あった」

甘利明経済財政・再生相は18日午前、会長に榊原定征氏が就任した新体制の経団連との初めての公式会合に出席し、先に素案を示した経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)や新たな成長戦略に関して意見交換した。

会合終了後、甘利氏は法人実効税率の引き下げについて「しっかりと具体的に取り組んだことは評価された。『実額減税』になるようにしっかり取り組んでもらいたいという要望があった」と明かした。「構造改革の成果はより構造改革を押し上げていくために使われるべきだ」とも語り、経済成長による法人税収の上振れ分を法人減税の財源に充てたい意向を改めて示した。

新体制になった経団連については「経済構造改革に経団連の会長自身に参加いただいている。経済界の日本経済復興にかける強い意志を今まで以上に感じる」と持ち上げた。

榊原氏は会合終了後、法人減税は「2015年度からのスタートとして、それ以降も実質的に企業の税負担が軽減される、そういった措置が講じられることを期待したい」と述べた。一方で「多くの非常に思い切った改革を(成長戦略などに)盛り込んでいただいた。今まで頑として動かなかった大きな山のようなものが、動き始めたという実感を持っている」と評価した。

甘利氏の発言については「安倍政権が1年半でなし遂げた構造改革(による成果)は、実質的な恒久財源に近い性格があるといった主張を非常に明確に言っておられたので、我々としては非常に心強い」と期待を示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン