「もっと早く多くの情報ほしい」IAEA事務局長

2011/3/18付
保存
共有
印刷
その他

来日中の国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長は18日午後、東京電力の福島第1原子力発電所の事故について「国際社会にもっと早くもっと数多くもっと正確な情報がほしい」と海江田万里経済産業相に要請したことを明らかにした。

そのうえで「とにかく安全性を回復することが最大の懸案だ」と強調。「一緒に4人の専門家のチームが到着しており、できることを最大限にやることで少しでも日本と世界の人が安心できるように貢献したい」と述べた。

訪日については「菅直人首相や松本剛明外相、東電の副社長などに我々の気持ちや問題意識を伝えることができた」と語った。

海江田経産相と経産省内で会談後、記者団の質問に答えた。

〔日経QUICKニュース〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]