/

この記事は会員限定です

中国関連銘柄に売り広がる 反日デモ拡大で業績懸念

[有料会員限定]

連休明けの18日午前の東京株式市場で、中国に工場を置いたり、製品を販売したりしている「中国関連銘柄」に売りが広がった。日本による沖縄・尖閣諸島の国有化に反発する大規模な反日デモが中国各地で連日発生。日系企業の店舗や工場への襲撃で被害も確認された。事態収拾には時間がかかるとの懸念もあり、中国関連株を保有するリスクを減らそうという動きが強まった。

平和堂寄り付き直後に一時、前週末比112円(9.6%)安の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り726文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン