/

仙谷官房長官「自衛隊は実質上、軍事組織」 暴力装置発言に

仙谷由人官房長官は18日午後の記者会見で、同日午前の参院予算委員会で自衛隊を「暴力装置」と表現したことについて「装備や人員構成などから見て、自衛隊は実質上、軍事組織であることは間違いない」との考えを示した。

そのうえで「存在をしっかりとシビリアンコントロール(文民統制)できなければならず、法規制でも政治的な中立性を確保できなければならない」と述べた。

自衛隊行事での政治的発言を事実上制限する防衛事務次官名の通達を出したことについては「自衛隊が政治的な中立性から一歩踏み出すのではないかという誤解を国民から受けてはならず、それを確保するためのもので検閲には当たらない」と述べ、問題はないとの認識を示した。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン