安倍氏「デフレ脱却に資する補正予算に」

2012/12/17付
保存
共有
印刷
その他

自民党の安倍晋三総裁は17日午後、党本部で記者会見し、2012年度補正予算の編成に関して「選挙戦で主張してきたデフレ脱却に資するものでなければいけない」との認識を示した。そのうえで「マクロ的にはデフレギャップを埋めることを念頭に置く。ミクロ的には安全を守る、未来への投資になるようにしなければならないが、無駄なことはやらない」と強調した。

公立高校授業料の無償化など民主党が進めてきた政策との関係については「ばらまきに『ノー』という民意が出たので、その民意に沿って予算を組むのは当然だ」と語った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]