インド株、もみ合いで始まる 利益確定売りが重荷、業績見極めへ

2013/4/17付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQNシンガポール=近藤明日香】17日のインド株式相場はもみ合いで始まった。SENSEX30の寄り付きは前日比28.52ポイント(0.15%)高の1万8773.45で、その後は取引時間中としては3日以来、2週間ぶりに1万8800台を回復する場面があった。だが、買い一巡後は戻り待ちや利益確定の売りに押され下げに転じた。主要企業の決算発表が本格化しつつあるなか、様子見ムードも強まっている。

インフレ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]