NY株ハイライト アップルに再び注ぐ熱視線 「5c苦戦」は好材料?

2013/10/17付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQNニューヨーク=増永裕樹】債務不履行の回避に向けた米与野党の歩み寄りを受け、16日のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均は大幅反発した。ワシントンで繰り広げられる政治ドラマが話題の中心となった1日だったが、注目度ではアップルも負けてはいなかった。市場はIT(情報技術)業界の雄に対して再び熱い視線を注いでいる。

アップルを巡って大小様々な材料が飛び出た16日。その中でも市場の関心が高かっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]