/

民主・岡田幹事長、会派離脱届「有効でない」

民主党の岡田克也幹事長は17日午後の記者会見で、小沢一郎元代表に近い衆院議員16人が衆院会派離脱を表明したことについて「同じ党に属しながら会派を離脱することはできない。お分かりのうえでやっていることだと思うが、あり得ない。有効な届け出にはなっていない」とし、会派離脱を認めない考えを改めて示した。

理由については「党規約は1つの党で1つの会派ということが大前提で書かれている。同じ党で複数会派を持つことは、もともと想定されていない」と説明した。

会派離脱を表明した渡辺浩一郎衆院議員が、2011年度予算関連法案を巡り造反する可能性を示唆したことについては「党の議員である限り方針に従ってもらうのは当然」と述べた。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン