KDDI、中国VBと提携 「サンシャイン牧場」風のゲーム提供

2010/9/17付
保存
共有
印刷
その他

KDDIは17日、交流サイト(SNS)向けゲーム開発を手掛ける中国のベンチャー企業、レクー(北京市)と提携すると発表した。「王国」を発展させるオンラインゲームを共同で提供する。ゲーム利用者を別のサイトに誘導するほか、ゲームを有効に進めるための有料アイテムや広告などで収入の確保を目指す。

まず10月14日に、KDDIを含む3キャリアの携帯向けに「サンシャイン王国」の提供を始める。このゲームは二酸化炭素(CO2)を排出する仮想の建物と、それを吸収する植物のバランスを取りながら「王国」を発展させる内容。建物のマークをクリックすると自社・他社のサイトに移る。KDDIは音楽配信など自社サービスの利用者増が期待できるほか、他社サイトに利用者を誘導して手数料を得ることができるという。

そのほかゲームを有効に進めるためのアイテムも100円~3000円で提供する。将来的にはゲーム上に広告を置くことも検討している。今冬にはスマートフォンやパソコンに提供範囲を広げる方針だ。

レクーは育成ゲーム「サンシャイン牧場」が有名。SNSで世界最大手の米フェースブックを始め各国にゲームを提供している。日本国内でもミクシィなどで利用者が拡大している。〔NQN〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]