/

この記事は会員限定です

「年末1万6000円」がコンセンサスか 株価見通し引き上げ相次ぐ

[有料会員限定]

16日の東京市場では、日本株の底堅さが鮮明だった。朝方に一時270円超まで下げ幅を広げた日経平均株価は後場に入り、上昇に転じる場面があった。黒田日銀による金融緩和強化を背景に日本株の先高観が根強く、海外投資家などの投資資金流入が続いている。各証券会社の目標株価引き上げも相次いでおり、「年末1万6000円」の見方が市場のコンセンサスになりつつある。

「主力株の下値では押し目買い意欲が強い」――。きょ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り686文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン