日本取引所、東・大証統合で海外を追撃
時価総額は見劣り、アジアも迫る

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2013/7/16付
保存
共有
印刷
その他

東京と大阪の両証券取引所が16日、現物株式の市場を統合し、東証での売買に一本化した。株式売買をひとつの市場にまとめることで売買が厚みを増し、投資家が取引しやすくなった。ただ時価総額などで海外の取引所になお見劣りするうえ、アジアの取引所の追い上げも激しい。持ち株会社の日本取引所は今後、厳しい国際競争にさらされることになりそうだ。

「勝ち残る市場として発展に全力をあげて取り組む」。日本取引所傘下の東…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]