/

政府、予算編成の基本方針を閣議決定 新規国債は44兆円以内に

政府は16日午後、2011年度予算編成の基本方針を閣議決定した。景気は「足踏み状態にある」と改めて示し、「元気な日本」を復活させるために成長と雇用を最大のテーマに掲げた。そのうえで「無駄の多い予算配分を続ければ持続的な成長と雇用は実現できず、借金の山だけが残る。こうした失敗を繰り返す余裕は、もはや日本にはない」との懸念を示し、新成長戦略の推進と財政運営戦略で定めた財政規律順守の方針を明記した。

野田財務相、新規国債発行額の44兆円枠を堅持する方針を強調(16日)

野田財務相、新規国債発行額の44兆円枠を堅持する方針を強調(16日)

財政運営戦略の実現に向けては、新規国債発行額を「2010年度当初予算の水準を上回らないように全力をあげる」とし、44兆円以内に収める方針を改めて示した。「進ちょく状況の検証などを踏まえ、必要があれば財政健全化への取り組みを加速することも含めて検討する」として、市場からの信任を確保することの重要性を指摘した。国家戦略室でも2011年の早い段階で、財政健全化目標をはじめとする財政運営戦略の進ちょく状況の検証を行い、公表するとした。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン