日経平均、大幅反発で始まる 急落受け割安感

2011/3/16付
保存
共有
印刷
その他

16日の東京株式市場で日経平均株価は反発して始まった。前日比160円程度高い8700円後半で推移している。東日本大地震による生産活動の停滞懸念から前日までの2日間で日経平均は16%下落し、売りに一服感が広まっている。依然として福島第1原子力発電所の状況に予断は許さない状況が続くものの、急落を受けて割安感も意識され、自律反発を期待した買いが優勢となっている。

〔日経QUICKニュース〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]