田辺三菱、厚労省に業務改善計画書 子会社のデータ改ざんで

2010/6/16付
保存
共有
印刷
その他

子会社が血液製剤の試験データを改ざんし、厚生労働省から一部業務の停止など行政処分を受けた田辺三菱製薬(4508)は16日、同省に業務改善計画書を提出したと発表した。

グループのガバナンスを強化するため社長直轄の対策室を設置し、改善計画の進ちょくを管理。グループ全社員に法令順守(コンプライアンス)を徹底させる体制も整える。試験データを改ざんした子会社バイファに対する指導も強化する。

経営陣の刷新や役員報酬の返上に加え、来期以降に独立社外取締役を迎え入れることも検討する。

バイファは田辺三菱製薬の前身の一つである旧ミドリ十字が設立した子会社。〔NQN〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]