/

ローランド、MBOに向けたTOBが成立 上場廃止へ

電子楽器のローランド(7944)は15日、経営陣が参加する買収(MBO)に向け、三木純一社長が代表取締役を務める特別目的会社の常若コーポレーション(東京・港)が実施していた株式公開買い付け(TOB)が終了したと発表した。TOBの成立条件である買い付け予定数の下限(1479万8500株)を上回る1840万5485株の応募があり、7月22日に全株を買い付ける。

常若コーポレーションはローランドの筆頭株主となり、株式の保有割合(議決権ベース)は82.92%に高まる。ローランドは上場廃止となる見通し。

これまで筆頭株主だったローランド芸術文化振興財団(浜松市)はTOBに応じず、持ち株比率は10.52%で変わらない。同財団の理事長はローランド創業者の梯(かけはし)郁太郎氏で、MBOに反対していた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン