/

この記事は会員限定です

米為替報告書は買い戻しの「口実」 一時97円台

[有料会員限定]

週明け15日の東京外国為替市場で円相場は続伸し、一時1ドル=97円台半ばと5日以来の円高・ドル安水準を付けた。米財務省が前週末に公表した為替報告書が円安進行をけん制したと受け止められ、円に買い戻しが広がったためだ。日銀の黒田東彦総裁の「異次元」の金融緩和をきっかけに膨らんだ円売り持ち高をいったん解消するための格好の口実になった。

米財務省が半期ごとに議会に提出する「国際経済と為替政策に関する報告書...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り579文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン