経財相、TPP「年内妥結の動きが加速していることを感じる」

2013/11/15付
保存
共有
印刷
その他

甘利明経済財政・再生相は15日午前の閣議後の記者会見で、環太平洋経済連携協定(TPP)について「年内妥結の動きが加速していることを肌身に感じている」と語った。「この種の交渉はカベにぶち当たって進まないと思いきや、突然流れが加速することがあると私は前から話しているが、その観測通りに進んできつつある」との見方を示した。

米国からコメを除く農産品と工業品の関税を全廃するよう求められた、との一部報道について甘利氏は「米国との間で私がどういうことを詳細に話したかは控えさせていただく」と述べるにとどめた。その上で「それぞれの国にセンシティビティ(強い関心事項)がある。その政治的深刻さがどれほどのものかをきちんと(米国に)理解して欲しい」と従来の主張を繰り返した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]