/

計画停電、総量規制の方が混乱少ない 同友会代表幹事

経済同友会の桜井正光代表幹事は15日の定例会見で、11日に発生した東日本巨大地震を受けて、東京電力が計画停電を実施していることについて「直前に(停電の決定を)出されて対応するのは難しい。ほかの方法を至急検討する必要がある」との考えを示した。「企業や国民が(電力消費を)何割低減するといった総量規制の方が混乱を招かない」と提案した。

日経平均株価が連日で急落していることについて「福島原発の不確定要素を反映したもので短期的なものだろう」との見方を示した。〔日経QUICKニュース〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません