/

セブン&アイ、米でコンビニ125店舗取得 北米事業を強化

セブン&アイ・ホールディングス(3382)は15日、子会社の米セブンイレブン(テキサス州)が現地のコンビニエンスストアから店舗を取得したと発表した。10月1日付でオハイオ州のEZエナジーUSA社からコンビニエンスストア67店舗とガソリン卸売事業を買収したほか、ペンシルベニア州のハンディーマーツ社がライセンス契約で展開していたセブンイレブン58店舗を買い取り、直営店とする。店舗網を拡充して収益力を向上させたい考え。取得金額は公表していない。

2013年2月期の業績に与える影響は軽微という。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン