2019年5月19日(日)

官房長官、福島原発敷地の放射線量「人体に影響」

2011/3/15付
保存
共有
印刷
その他

福島第1原発3号機付近で「人体に影響を及ぼす」レベルの放射線量を確認したことを明らかにする枝野官房長官

福島第1原発3号機付近で「人体に影響を及ぼす」レベルの放射線量を確認したことを明らかにする枝野官房長官

枝野幸男官房長官は15日午前の記者会見で、福島第1原子力発電所の爆発事故に関して、3号機付近で毎時400ミリシーベルトの放射線量を確認したことを明らかにした。「人体に影響を及ぼす数字」と述べた。

これまでの最大値は8.2ミリシーベルト(8200マイクロシーベルト)。一般人の放射線量の限度は原則、年1000マイクロシーベルトに定められている。

官房長官は「冷却作業をどう維持するかが今の課題」と説明した。〔日経QUICKニュース〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報