/

首相、TPP発言巡る米発表「事実でない」

参院予算委

日米首脳会談での発言について答弁する野田首相(テレビ東京)

日米首脳会談での発言について答弁する野田首相(テレビ東京)

野田佳彦首相は15日午前の参院予算委員会で、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉対象を巡る日米首脳会談での首相発言に関する米政府の発表について「事実ではない」と否定した。

米ホワイトハウスは12日(日本時間13日)の日米首脳会談で、首相が「全ての物品およびサービスを貿易自由化交渉のテーブルにのせる」と語ったと発表。その後、日本政府は「そのような発言を行った事実はない」とする文書を公表していた。

米政府に訂正を求めるべきだとの意見に対しては、「(発言が)事実ではないと我々は申し上げ、そのことを相手も認めた」と述べるにとどめた。

自民党の山本一太氏への答弁。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン