NY株ハイライト シスコ急落が鳴らす警鐘 新興国景気に「黄信号」

2013/11/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQNニューヨーク=増永裕樹】14日のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、連日で過去最高値を更新した。米連邦準備理事会(FRB)の次期議長に指名されたイエレン副議長が、金融政策の正常化に慎重な姿勢を強調。資金流入への期待を背景に相場の先高観は強まるばかりだ。一方で実体経済に目を転じると気掛かりな材料も出てきた。米企業の収益をけん引してきた新興国の景気に「黄信号」が点灯していること…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]