/

舛添氏、自転車レーン拡大に意欲 環境・防災に有用

舛添要一元厚生労働相は14日午後の東京都庁での記者会見で2020年の東京五輪に向けて空気を一段ときれいにするには自転車が有用との考えを示した。渋滞を減らすため「例えば自転車レーンはもっと充実させたほうがいい」と表明。大災害時に自動車では移動しづらいとし「自転車は防災対策にもなりうる」との見方を示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン