/

この記事は会員限定です

ミセスワタナベ、円急伸が「逆張り」好機に

米雇用統計後に円売り

[有料会員限定]

外国為替証拠金(FX)取引を手掛ける個人投資家が米雇用統計の発表後に円売り・ドル買いを進めている。13日のニューヨーク市場で円相場は対ドルで一時1ドル=102円85銭とほぼ1カ月ぶりの高値まで急伸したが、相場の流れに逆らう「逆張り」戦略を好む個人にとっては、円売り・ドル買いの建玉を積み上げる絶好の機会となった。世界に「ミセス・ワタナベ」の通称で知られる日本の個人は、円安・ドル高基調は崩れていないと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り871文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン