/

ソニー、14年3月期の最終赤字1283億円 今期は最終赤字500億円

ソニーが14日発表した2014年3月期の連結最終損益(米国会計基準)は、1283億円の赤字(前の期は415億円の黒字)だった。パソコン(PC)事業からの撤退など、構造改革費用がかさみ収益を圧迫した。

売上高は前の期比14%増の7兆7672億円。スマートフォン(スマホ)の販売増や為替の円安効果で増収となった。一方、営業利益は88%減の264億円だった。PC事業を中心に構造改革費用が膨らんだほか、前の期に計上した資産売却益などが減少した。電池事業やディスク製造事業で減損損失を計上したことも響いた。

2015年3月期通期の連結最終損益は500億円の赤字で、2期連続で赤字となる見通し。引き続き構造改革費用が重荷となる。売上高は前の期に比べ微増の7兆8000億円、営業利益は約5.3倍の1400億円を見込む。スマートフォン(スマホ)やゲームなどへ経営資源を集中し、エレクトロニクス分野の採算改善をはかる。通期の想定為替レートは103円前後(前期は100.2円)。年間配当は未定(前期は25円)とした。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません