/

この記事は会員限定です

FRBを悩ます「悪い失業率の低下」

ガイダンス変更の可能性も

[有料会員限定]

前週末10日発表の2013年12月の米雇用統計。市場予想を大きく下回った非農業部門の雇用者数の伸びに加え、失業率の急低下は大きなサプライズとなった。失業率は0.3ポイント低い6.7%と、2008年10月以来の水準に低下した。悪天候の影響で一時的に職探しをあきらめる人が増えたためだ。

ただ、エコノミストの多くは失業率の低下が今後も続くとみている。米連邦準備理事会(FRB)は「悪い失業率の低下」に頭を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1060文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン