/

電事連、原発の安全組織の新設発表 人員100人規模

電気事業連合会(電事連)は13日、原子力発電所の事故を減らすための研究機関を発足すると発表した。名称は「原子力リスク研究センター」で9月までに電力中央研究所(東京・千代田)に設置する。人員は約100人。

原発の機器や操作の危険性を把握する技術を開発し、各社に採用を働きかける。災害や故障などの発生確率を分析し、危険度を数値で示す「確率論的リスク評価」と呼ぶ手法の研究を進め、リスク評価の高度化につなげる。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン