上値重い日本株、「13日の金曜日」に漂う不安
米緩和縮小観測を警戒

(1/2ページ)
2013/12/13付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

13日午前の東京株式市場で日経平均株価は62円高と反発したが、前場中ごろには下げ幅を90円あまりに拡大する場面があった。株価指数先物・オプション12月物の特別清算指数(SQ)算出に伴う現物株売買が売り越しだったという特殊要因を差し引いても、円相場が1ドル=103円台後半まで急落したのを好感した買いが限定的だったことには意外感が強い。米株式相場の下落基調が重荷との見方が多く、最近広がりつつあった「…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]