/

財務相、法人税減税「効果きわめて限られる」

麻生太郎副総理・財務・金融相は13日午前の閣議後記者会見で、法人税実効税率の引き下げが取り沙汰されていることについて「企業の7割がいわゆる税金を払っていない、法人税を払っていない欠損法人ということになっている。(減税は)効果がきわめて限られている」との見解を改めて示した。

そのうえで、設備投資の償却方法に関し「一括償却とかいろいろ表現があるけれども、そういったものに変えた方がよほど現実的なんではないか」との考えを述べた。麻生氏は安倍晋三首相について「法人税に特にこだわっておられるという感じを持っているわけではない」とも述べた。

復興特別法人税の前倒し終了を求める声が一部で出ていることについては「消費税上げて、企業の法人税を下げるってのが世間で通る話かね」と述べ、「おれのセンスじゃない」と否定的な見解を示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン