/

官房長官、原発安全審査「方向性が出たものは稼働させる」

菅義偉官房長官は13日午前の記者会見で、原子力規制委員会が同日、九州電力の川内原子力発電所(鹿児島県)を再稼働に向けた安全審査の最終段階となる「優先審査」の対象に決めたことに関連し、「審査で方向性が出たものについては政府として稼働させていく」との考えを改めて示した。再稼働の判断については「安全基準がすべてだ」と指摘し、規制委に対して審査の徹底を求めた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン