AIJ浅川社長「水増しした数字と認識」 衆院で証人喚問

2012/4/13付
保存
共有
印刷
その他

衆院財務金融委員会は13日午前、AIJ投資顧問による年金消失問題を巡り、同社の浅川和彦社長を証人喚問した。浅川社長は系列のアイティーエム証券に対し伝えた数字について「水増しした数字ということは認識していた」と述べた。海江田万里委員長の質問に答えた。

海江田委員長は「アイティーエム証券と一体となって顧客に対して投資一任契約の締結の勧誘をしていたのか。虚偽の数字であることを認識していたのか」とただした。

証人喚問は偽証した場合、刑事罰に問うことができる。証言に先立ち、浅川社長は「良心に従って真実を述べ、何事も隠さず、何事も付け加えないことを誓います」と宣誓書を読み上げた。

午後はアイティーエム証券の西村秀昭社長、旧社会保険庁OBで、年金基金にAIJを紹介した年金コンサルタントの石山勲氏が証言する。AIJの高橋成子取締役は体調不良を理由に欠席した。〔日経QUICKニュース〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]