経財相、政策効果「さらなる上乗せにならなかった」 GDP減速

2012/8/13付
保存
共有
印刷
その他

古川元久経済財政相は13日午前の記者会見で、4~6月期の国内総生産(GDP)速報値が実質で前期比年率1.4%増と1~3月期(2次速報の4.7%増から5.5%増に上方修正)から大幅に減速したことを受け「エコカー補助金とか復興需要に伴う公共投資の押し上げ効果がさらなる上乗せの要因にはならなかった」との認識を示した。

一方で、政策による景気押し上げの効果は「引き続き高い水準が続いているという認識は持っている」と指摘。先行きについて「趨勢としては雇用や収益環境の持ち直しが続くと考えられるから、景気は緩やかな回復を続ける」との見通しを示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]