/

官房長官「銀行の債権放棄が必要」 東電支援枠組み

記者会見する枝野官房長官(13日午前、首相官邸)=共同

枝野幸男官房長官は13日午前の記者会見で、福島第1原子力発電所事故を巡る東京電力(9501)の損害賠償(補償)への支援スキームに関して、震災前の東電の借入金など金融機関が債権放棄など負担を負わない限り「国民の理解を得られることは到底ないだろう」との認識を示した。〔日経QUICKニュース〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン