/

麻生財務相、G7声明「日本の政策が正しく認識された」

麻生太郎副総理・財務・金融相は12日夜、日米欧の主要7カ国(G7)が発表した為替に関する声明に関して「(円安誘導など)そういったことはないということを、各国から正しく認識された点においては意味があった」と語った。大胆な金融緩和を推進する日本の経済政策が円安誘導にはあたらないという理解が得られたとの見方を示した。

声明をまとめた経緯については「一般的にみんなでこの話を協議し合ったというのが実態だ」と指摘、「(日本から)働きかけたという感じではない」と語った。

15、16日に開催される20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に関して「為替市場の動きや各国の財政・金融政策がテーマになると予想されているが、これに先だってG7としての統一的な考え方を示すべきだという観点から声明を発表することになった」と説明した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン