/

ヤフー、サイバーFX子会社を210億円で買収 1月末に全株取得

ヤフー(4689)は12日、サイバーエージェント(4751)の完全子会社で外国為替証拠金取引(FX)事業を手掛けるサイバーエージェントFXを買収すると発表した。2013年1月31日付で全株式を210億円で取得し、完全子会社とする。買収資金は手元資金でまかなう。サイバーエージェントFXの12年3月期の営業収益は84億円、純利益は22億円。

ポータル(玄関)サイト大手であるヤフーは決済・金融事業を新たな収益の柱に育てる考えで、市場拡大が見込まれるFX事業を取り込むことが成長に貢献すると判断した。買収後は自社の有料会員向けにFX関連の情報を提供したり、FX取引をした場合に自社の各サービスで利用できるポイントを与えたりして相乗効果を出したい考えだ。

ヤフーは13年3月期の連結業績への影響は軽微としている。サイバーは株式譲渡に伴い関係会社株式の売却益が約100億円発生する見込みと発表した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン