2019年3月26日(火)

経財相、景気の先行き「消費に比べ、投資が弱め」

2013/8/12付
保存
共有
印刷
その他

甘利明経済財政・再生相は12日午前、4~6月期の国内総生産(GDP)発表を受けて談話を発表し、先行きについて「個人消費は緩やかな増加が続くと見込まれるものの、消費に比べ投資が弱めである」との認識を示した。そのうえで「設備投資の回復を後押ししていくことが必要」と指摘し、需要と雇用の創出に努める考えを明らかにした。

4~6月期の実質GDPが年率換算で前期比2.6%増となったことについて「所得が底堅く推移する中で、個人消費が引き続き増加した」と振り返った。加えて「海外景気の底堅さや円安の影響もあって輸出が増加した」点と「緊急経済対策の効果が発現し公共投資が引き続き増加した」ことを挙げた。

政府として「デフレからの早期脱却を図る」と強調。「現在、動き始めた支出・生産・所得の好循環をしっかり強化し、民需主導の持続的な経済成長を実現してまいりたい」との考えを示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報