/

企業物価、1年5カ月ぶり高い伸び 5月0.6%上昇

日銀が12日発表した5月の国内企業物価指数(2010年=100、速報値)は101.6と、前年同月比0.6%上昇した。上昇率は前月から0.5ポイント拡大し、2011年12月以来1年5カ月ぶりの高い伸びとなった。円安進行で円に換算した価格が上昇しているほか、電力料金の値上げなどが響いた。

企業物価指数は出荷や卸売り段階で企業間が取引する製品の価格水準を示す。前月比でも0.1%上昇し、6カ月連続のプラスとなった。原油や液化天然ガス(LNG)価格の高止まりをきっかけにした企業向けの電力料金の値上げが押し上げた。また円安が企業物価全般を押し上げているほか、海外の需要増を受けて銅地金など非鉄金属も上昇した。

円ベースでの輸出物価は前年比13.5%上昇、輸入物価も14.2%上昇した。前年比で上昇した品目は311、下落した品目は401だった。

一方で、契約通貨ベースでは輸出入ともに下落している。輸出物価は2.3%下がり、輸入物価は4.5%下落した。国際商品市場での原油安などを反映して石油・石炭価格が下がっているほか、中国の景気先行き懸念を背景に化学製品の需要が悪化したほか、金属価格の下落が影響した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン