/

イオンの純利益、過去最高を更新 前期12%増

イオンが12日発表した2012年2月期の連結決算は、純利益が前の期比12%増の667億円となり、過去最高を更新した。仕入れ原価の低減や在庫の圧縮により、主力の総合スーパー(GMS)事業で収益が改善した。

売上高は2%増の5兆2061億円だった。東日本大震災に伴う一部店舗の休業などの影響もあり、総合スーパー事業は約3%の減収だったが、新規出店を進めたスーパーマーケット事業が好調だった。11年11月に買収した中四国地盤のスーパー、マルナカグループも増収に貢献した。

営業利益は14%増の1956億円。節電に伴う電気代の減少などが寄与した。

13年2月期の連結純利益は680億~730億円と、過去最高益の更新を見込む。売上高は9%増の5兆6500億円で、こちらも過去最高となる見込み。プライベートブランド(PB)商品「トップバリュ」の刷新や拡販により売り上げを伸ばす。年間配当予想は24円(前期実績は23円)と1円増配する。〔日経QUICKニュース〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン