首相、事故情報開示「リーダーシップ発揮した」

2011/4/12付
保存
共有
印刷
その他

菅直人首相は12日夕の記者会見で、経済産業省原子力安全・保安院が福島第1原子力発電所事故の評価を「レベル7」に引き上げたことについて「経済産業省原子力安全・保安院と原子力安全委員会が専門的な立場で調査に当たってきた。過去のデータをしっかり分析して結論を出された」と述べた。

事故評価の引き上げを巡っては保安院と安全委で調査手法が異なることもあり、見解の擦り合わせに時間がかかったとの指摘があることを踏まえた発言とみられる。

事故情報の開示については「(東京電力の)企業の利益とか、これまでの責任を逃れるためとか、国民の安全性とは別の理由で隠すようなことがあってはならない。そういう判断は許されない」と強調。「(そういう面で)リーダーシップを発揮してきたということは言える」と説明した。〔日経QUICKニュース〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]