/

仙谷官房長官、日韓首脳会談に陪席

仙谷由人官房長官は12日午後の記者会見で、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議での日韓首脳会談に陪席するとともに、日韓併合100年首相談話で表明した朝鮮王朝の古文書を引き渡す協定の署名式に出席することを明らかにした。

陪席の理由について「協定の署名を含め未来志向の日韓関係を強化していくことは内閣の重要課題で、会談の内容を的確に把握する必要がある」と説明した。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン