/

NEC、通信向けソフトの海外展開を強化

NEC(6701)は12日、通信ネットワーク事業の説明会で、通信会社向けソフトウエア販売などの「サービス&マネジメント」分野の海外展開を加速する方針を示した。海外での売り上げを増やすことで、同分野の売上高を2012年度に10年度比91%増の1470億円に高める。

子会社のネットクラッカーのソフト販売や、通信会社とクラウドコンピューティングサービスで協業する事業を強化する。機器間通信(マシン・ツー・マシン、M2M)サービスやスマートフォン(高機能携帯電話)向けのセキュリティー、認証サービスにも力を入れる。

NECは12年度に通信ネットワーク事業全体で売上高を10年度比49%増の9000億円に増やす計画。高速携帯電話サービス「LTE」のインフラ事業や基地局間を無線でつなぐ通信装置「パソリンク」などハード機器が事業のメーンだが、ソフトウエアの売上比率も高めていく方針。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン