仙谷官房長官、中国対応「弱腰ではなくしなやかな柳腰」

2010/10/12付
保存
共有
印刷
その他

仙谷由人官房長官は12日午後の衆院予算委員会で、尖閣問題を巡る中国への対応について「あらゆることを想定し、大国として台頭しつつある中国と戦略的互恵関係の中で付き合っていかなければならない。どう折り合いをつけ、(中国に)国際的なコモンセンスの輪の中に入ってもらうかが課題だ」と語った。

そのうえで、「弱腰だとは思っていない。しなやかにしたたかに対応していく『柳腰』だ」と述べた。

自民党の石原伸晃氏への答弁。〔日経QUICKニュース〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]