5月の第3次産業活動指数、0.9%上昇 節電家電が好調

2011/7/12付
共有
保存
印刷
その他

 経済産業省が12日に発表した5月の第3次産業活動指数(2005年=100、季節調整済み、速報)は前月比0.9%上昇の96.6と2カ月連続で上昇した。節電対策のため家電などの卸売・小売業が好調で、指数の上昇に寄与した。

 機械器具卸売業は前月比5.6%上昇した。スマートフォン(高機能携帯電話)の輸入増に加え、国内向けエアコンや扇風機、暑さ対策のクールビズ関連商材も好調だった。機械器具小売業も地上デジタル放送への移行を控えテレビやブルーレイレコーダー、扇風機やLED(発光ダイオード)などが好調だった。

 自動車小売業は、生産の回復から15.5%増と3カ月ぶりのプラス。東日本大震災で開幕が延期したプロ野球やサッカーなどの試合数が増加したことで、生活関連サービス、娯楽業は6.4%の上昇だった。

 一方、学術研究、専門・技術サービス業などが低下。震災により確定申告の期限が延長された先月の反動が出て、公認会計士事務所、税理士事務所は3.3%低下した。〔日経QUICKニュース〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

第3次産業活動指数

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 16日 7:01
16日 7:00
東北 16日 7:01
16日 7:00
関東 16日 7:01
16日 7:01
東京 16日 7:01
16日 7:00
信越 16日 7:01
16日 7:01
東海 19日 21:45
19日 21:30
北陸 19日 21:54
16日 6:32
関西 19日 12:48
16日 6:01
中国 19日 10:53
16日 7:01
四国 19日 12:58更新
16日 7:01
九州
沖縄
19日 22:47
19日 22:42

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報