2019年8月26日(月)

東急、運賃収入が最高へ 「副都心線直通が効果」

2013/11/11付
保存
共有
印刷
その他

東京急行電鉄の巴政雄常務は11日午後、2013年4~9月期の決算発表記者会見で、14年3月期の運賃収入が前期比2.1%増の1337億円と見込んでいることを明らかにした。2期連続で過去最高を更新する。「今年3月に始まった東京メトロ副都心線と東急東横線との直通運転では高い効果が出ている」と説明した。

輸送人員も2期連続で過去最高を更新する見通し。東日本大震災の影響が大きく表れた12年3月期こそ減少したが、「武蔵小杉(川崎市)の再開発などで沿線人口が増加している」ため、輸送人員が増え続けている。

今年3月には渋谷駅で東京メトロ副都心線と接続したことが追い風となり、西武線や東武東上線など埼玉県方面と従来の東横線沿線の神奈川県方面を行き来する乗客が増えた。渋谷~横浜間を途中で降りずに乗り切った乗客数(直通旅客数)は4~9月期でみると前年同期比11.3%増だった。

副都心線と東横線の直通運転をきっかけに渋谷駅を素通りする客が増える、との見方も出ていたが、「渋谷ヒカリエ」など渋谷の商業施設も活況という。巴常務は「まちづくりとの相乗効果で沿線を活性化するのは当社の使命だ」と話した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。