/

この記事は会員限定です

ダウ銘柄入れ替えが映す構造変化 「製造から消費へ」

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=森安圭一郎】米株式市場の代表的な指標であるダウ工業株30種平均。その採用銘柄の入れ替えが10日、発表になった。全30銘柄のうち3銘柄が同時に入れ替わるのは約9年半ぶりだ。来る者と去る者の顔ぶれには、「製造業からサービス・消費産業へ」という米経済の変わらぬ構造変化の流れが浮かび上がる。

23日から新規に算出対象となるのは金融のゴールドマン・サックス(GS)、クレジットカードのビザ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1402文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン