/

経団連会長、緊急経済対策「時宜を得たものと評価」

経団連の米倉弘昌会長は11日午前、政府が閣議決定した緊急経済対策について「スピード感をもって広範囲にわたる対策が講じられたことは、時宜を得たものと評価する」とのコメントを発表した。

併せて、海外からの投資を呼び込んで雇用を創出するため、国内外での競争条件の差異を埋める必要があると強調。規制改革や環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加、現役世代と企業の公的負担軽減など「日本経済の変革に資する政策の実行に努めてほしい」と要望した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン