/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト 米住宅市場の活況に影 ローン金利、じわり上昇

(更新) [有料会員限定]

【NQNニューヨーク=大石祥代】米景気回復のけん引役である住宅市場に気掛かりな点が出てきた。株高などで長期金利が上昇したのが波及し、住宅ローン金利の上昇が目立ち始めている。10日の米株式市場でダウ工業株30種平均の方向感が乏しいなか住宅株の下落が目立った。これまで内需主導の米国では住宅市場の改善による住宅価格の上昇は担保価値の増加となって個人消費を促す原動力となってきた。住宅株の動きには注意が必要だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1047文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン