/

この記事は会員限定です

NY円、対ドル99円台前半に下落 米格付け見通し受けた株高で

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=森安圭一郎】10日午前のニューヨーク外国為替市場で円相場が下落し、一時1ドル=99円29銭近辺まで下げた。99円台の円安水準を付けるのは6日以来2営業日ぶり。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が米長期国債の格付け見通しを「安定的」に引き上げたのを受けて米株式相場が上昇。市場参加者が運用リスクを取りやすくなるとの見方から低金利通貨の円を売ってド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り189文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン